PROFILE

家口成樹 / Shigeki IEGUTI

作曲家、サウンドプロデューサー兼、PARA、EP-4 [ fn.ψ ] などのシンセサイザー、キーボード奏者。90年代初頭よりヘヴィサイケデリックロックバンド、花電車やDrillmanのメンバーとして音楽活動を開始。シンセサイザー、PC、エフェクターなど電気機器の特性を多用したエレクトロニックな奏法で、ノイズ、音響、ミニマルなどの現代音楽的なアプローチ、パンク、ハードロック、ジャズ、ポップスなど多種多様な作風をクロスオーバーさせ、国内外の多数のミュージシャンと主に即興演奏で共演。2000年代よりミックス、マスタリングなどを含めたサウンドプロデュースを手がけ始める。2014年よりEnitokwa、MAYUKoとによるシンセサイザートリオ、Kruispuntを主催。2017年よりEP4の佐藤薫のレーベル、φononのディレクターとしても活動、参加ユニットであるSingū-IEGUTI、EP-4[fn.ψ]の諸作品の他、コーディネーター、サウンドエンジニアとしてコンピレーションアルバム「Allopoietic factor」や山本精一「Cafe Brain」などのリリースを手がけている。